コンピューター上のデータを暗号化する場合、暗号化キーに何かあった場合にそのデータを回復する手段が必要です。暗号化キーを紛失または破損して、データを回復する手段がないと、そのデータは失われます。暗号化キーをスマート カードに格納していて、そのスマートカードを破損または紛失した場合もデータは失われます。暗号化されたデータにいつでもアクセスできるようにするには、暗号化証明書とキーをバックアップする必要があります。コンピューターを複数のユーザーが使用する場合、またはスマート カードを使用してファイルを暗号化する場合は、ファイルの回復証明書を作成する必要があります。詳細については、「暗号化されたファイルの回復証明書を作成する」を参照してください。

  • 下記の手順は、Windows 7 Starter、Windows 7 Home Basic、および Windows 7 Home Premium では完了できません。

EFS 証明書をバックアップするには

  1. [証明書スナップイン] を開くには、[スタート] ボタンをクリックし、検索ボックスに「certmgr.msc」と入力して Enter キーを押します。管理者のパスワードまたは確認を求められた場合は、パスワードを入力するか、確認情報を提供します。

  2. 左側のウィンドウで、[個人] をダブルクリックします。

  3. [証明書] をクリックします。

  4. メイン ウィンドウで、[目的] の [暗号化ファイル システム] の一覧を表示する証明書をクリックします。(この画面を表示するには、画面を右にスクロールする必要がある場合があります)。

    複数の EFS 証明書がある場合は、すべてバックアップすることをお勧めします。

  5. [操作] メニューの [すべてのタスク] をポイントし、[エクスポート] をクリックします。

  6. 証明書のエクスポート ウィザードで、[次へ]、[はい、秘密キーをエクスポートします]、[次へ] の順にクリックします。

  7. [Personal Information Exchange] をクリックし、[次へ] をクリックします。

  8. 使用するパスワードを入力および確認し、[次へ] をクリックします。エクスポート手順を実行すると、証明書を保存するファイルが作成されます。

  9. ファイル名および場所 (完全パスを含む) を入力するか、[参照] をクリックして場所を指定し、ファイル名を入力し、[保存] をクリックします。

  10. [次へ]、[完了] の順にクリックします。

  • EFS 証明書のバックアップ コピーは、安全な場所に保管してください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.