解説

Microsoft の次期 SQL Server のパブリックプレビュー版をLinux環境にインストールする方法。
更新日:2016年12月15日

環境

  • Red Hat Enterprise Linux 7.2
  • Ubuntu Linux 16.04
  • SUSE Linux Enterprise Server v12 SP2 (今後対応予定)
  • CentOS 7.2

システム要件

メモリ:3,250MB以上

インストール手順

ここでは、「CentOS 7.2」へのインストールを示す。
yum リポジトリの追加

			
			$ curl https://packages.microsoft.com/config/rhel/7/mssql-server.repo > /etc/yum.repos.d/mssql-server.repo
			
			
SQL Server インストール

			
			$ yum install mssql-server
			
			
インストール・スクリプトの実行

			
			$ /opt/mssql/bin/sqlservr-setup
			
			
Do you accept the license terms? If so, please type “YES”:
ライセンスに同意するなら YES を入力。
Please enter a password for the system administrator (SA) account:
管理者(SA)アカウントのパスワードを入力。
Please confirm the password for the system administrator (SA) account:
ポリシーを満たしていれば、確認入力を求められます。先に入力したのと同じパスワードを入力。
Do you wish to start the SQL Server service now? [y/n]:
インストール後サービスを起動する場合 y を入力。
Do you wish to enable SQL Server to start on boot? [y/n]: y
OS起動時に SQL Server サービスを起動する場合 y を入力。
Setup completed successfully.
インストールが行われ、最後に上記が出力されればインストールは完了。
インストール状態確認

			
● mssql-server.service - Microsoft(R) SQL Server(R) Database Engine
   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/mssql-server.service; enabled; vendor preset: disabled)
   Active: active (running) since 木 2016-12-15 08:35:10 JST; 24s ago
 Main PID: 20120 (sqlservr)
   CGroup: /system.slice/mssql-server.service
           ├─20120 /opt/mssql/bin/sqlservr
           └─20148 /opt/mssql/bin/sqlservr

12月 15 08:35:13 centos-linux-7.shared sqlservr[20120]: 2016-12-14 23:35:13.51 spid17s     SQL Server is ...ed.
12月 15 08:35:13 centos-linux-7.shared sqlservr[20120]: 2016-12-14 23:35:13.55 spid7s      Starting up da...b'.
12月 15 08:35:13 centos-linux-7.shared sqlservr[20120]: 2016-12-14 23:35:13.68 spid7s      The tempdb dat...s).
12月 15 08:35:13 centos-linux-7.shared sqlservr[20120]: 2016-12-14 23:35:13.68 spid20s     The Service Br...te.
12月 15 08:35:13 centos-linux-7.shared sqlservr[20120]: 2016-12-14 23:35:13.68 spid20s     The Database M...te.
12月 15 08:35:13 centos-linux-7.shared sqlservr[20120]: 2016-12-14 23:35:13.69 spid20s     Service Broker...ed.
12月 15 08:35:13 centos-linux-7.shared sqlservr[20120]: 2016-12-14 23:35:13.79 spid5s      Recovery is co...ed.
12月 15 08:35:18 centos-linux-7.shared systemd[1]: [/usr/lib/systemd/system/mssql-server.service:15] Unkn...ce'
12月 15 08:35:19 centos-linux-7.shared systemd[1]: [/usr/lib/systemd/system/mssql-server.service:15] Unkn...ce'
12月 15 08:35:19 centos-linux-7.shared systemd[1]: [/usr/lib/systemd/system/mssql-server.service:15] Unkn...ce'
Hint: Some lines were ellipsized, use -l to show in full.
			
			
ファイアウォール設定

			
				$ firewall-cmd --zone=public --add-port=1433/tcp --permanent
				$ firewall-cmd --reload
			
			
mssql ツールのインストール
yum リポジトリの追加

				
					$ curl https://packages.microsoft.com/config/rhel/7/prod.repo > /etc/yum.repos.d/msprod.repo
				
				
インストール

				
					$ yum install mssql-tools
				
				
Do you accept the license terms? (Enter YES or NO)
ODBC DRIVER のライセンスに同意するなら YES を入力。
Do you accept the license terms? (Enter YES or NO)
mssql ツールのライセンスに同意するなら YES を入力。

mssqlツールの利用方法

SQLサーバへの接続
ローカルの SQL Server に 管理者(SA)アカウントで接続。

			
			$ sqlcmd -S localhost -U SA -P パスワード
			
			
データベースの作成

			
			1> create database データベース名
			2> go
			
			
データベースの利用

			
			1> use データベース名
			2> go
			
			

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.