解説

Ajax等で非同期にデータをサーバーから取得して表示するシステムの場合、「戻る」や「進む」でページ遷移されると、正しい情報が表示されないことがある。
このような時、「戻る」や「進む」で表示された場合のみ、ページを再表示させる。
更新日:2016年12月31日

使用方法

使用方法


PageReloadWithHistoryBack();

パラメタ

なし。

戻り値

なし。

コード

Back Forward Cache制限関数


/*----------------------------------------------------------------------------------------------------------
Back Forward Cache制限関数
	HistoryBackで戻った場合、ページをリロードさせる
----------------------------------------------------------------------------------------------------------*/
function PageReloadWithHistoryBack()
{
	window.onunload = function() {};
	window.onpageshow = function(event)
	{
		// Back Forward Cacheが発生した場合
		if( event.persisted )
		{
			// ページを再表示させる
			window.location.reload();
		}
	};
}

必須要素

情報
  • なし。

注意事項

重要
  • なし。

更新履歴

2016/12/31 … 浅野 利博
新規作成

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.