解説

指定された文字列がJSONか否かを判定する方法を示す。
更新日:2016年12月31日

使用方法

使用方法


if( isJSON( arg ) )
{
	// arg はJSONデータである。
} else {
	// arg はJSONデータではない。
}

パラメタ

arg
検査対象データ

戻り値

boolean
true … JSONデータである。
false … JSONデータではない。

コード

JSON判定関数


/*----------------------------------------------------------------------------------------------------------
JSON判定関数
	指定された文字列がJSONか否かを判定する。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------*/
function isJSON
(
	arg
)
{
	arg = (typeof arg === "function") ? arg() : arg;
	if (typeof arg  !== "string") {
		return false;
	}
	try {
		arg = (!JSON) ? eval("(" + arg + ")") : JSON.parse(arg);
		return true;
	} catch (e) {
		return false;
	}
};

必須要素

情報
  • なし。

注意事項

重要
  • なし。

更新履歴

2016/12/31 … 浅野 利博
新規作成

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.