解説

通常、「echo」や「print系」の関数は、その内容を標準出力に出力する。
更新日:2017年2月13日
この標準出力へ出力される内容をメモリ(変数)に出力させる方法を示す。

サンプル・コード

サンプル1


// 標準出力のバッファリングを有効にする
ob_start();
	// ここで標準出力に何か出力させる。
	echo 'test';

	// バッファリングされた内容を変数「$work」に保存している。
	$work = ob_get_contents();
// 標準出力のバッファリングを終了する
ob_end_clean();

echo '結果は、' . $work


サンプル1 出力結果


結果は、test

必須要素

情報
  • なし。

注意事項

重要
  • なし。

更新履歴

2017/01/03 … 浅野 利博
新規作成

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.