Windowsで暗号化されたファイルやフォルダーを回復する方法

新しいオペレーティング システムをインストールしたり、現在のオペレーティング システムをアップグレードしたり、現在のオペレーティング システムに障害が発生したりした場合に、暗号化されたファイルにアクセスできなくなる場合があります。次の手順を実施すると、暗号化されたファイルに再度アクセスできる場合があります。

次の手順に従って操作するには、暗号化キーおよび関連する証明書のパックアップ コピーが、ディスクや他のリムーバブル メディア (USB フラッシュ ドライブなど) 上に保存されている必要があります。詳細については、「暗号化ファイル システム (EFS) の証明書をバックアップする」を参照してください。

  • 下記の手順は、Windows 7 Starter、Windows 7 Home Basic、および Windows 7 Home Premium では完了できません。

  1. 下記のいずれかの操作を行います。

    • 外部ハード ディスクに格納されている暗号化されたファイルを回復するには、ハード ディスクを新しいコンピューターに接続します。

    • オペレーティング システムに障害が発生し、そのオペレーティング システムとは別のパーティションに格納されている暗号化されたファイルを回復する必要がある場合、暗号化されたファイルを動作中のコンピューターに移動するか、機能するオペレーティング システムを現在のコンピューターにインストールします。

  2. 証明書とキーが保存されているリムーバブル メディアを挿入します。

  3. [証明書スナップイン] を開くには、[スタート] ボタンをクリックし、検索ボックスに「certmgr.msc」と入力して Enter キーを押します。管理者のパスワードまたは確認を求められた場合は、パスワードを入力するか、確認情報を提供します。

  4. 左側のウィンドウで、[個人] をクリックします。

  5. [操作] メニューの [すべてのタスク] をポイントし、[インポート] をクリックします。証明書のインポート ウィザードが起動します。

  6. [次へ] をクリックします。

  7. 証明書を含むファイルの場所を入力するか、[参照] をクリックしてファイルの場所に移動し、[開く] をクリックして [次へ] をクリックします。

    正しい場所に移動してもインポートする証明書が表示されない場合は、[ファイル名] ボックスの横の一覧で [Personal Information Exchange] をクリックします。

  8. パスワードを入力し、[このキーをエクスポート可能にする] チェック ボックスをオンにして [次へ] をクリックします。

    • 強力な秘密キーの保護は有効にしないでください。

  9. [証明書をすべて次のストアに配置する] をクリックして、個人ストア が表示されていることを確認し、[次へ]、[完了] の順にクリックします。

    証明書をインポートしたら、暗号化されたファイルにアクセスできるようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.